男性器のサイズで女性に笑われたエピソード

女性経験が少ない私は社会人になり始めての彼女ができた時に、付き合って2ヶ月でセックスを出来る事になりました。良い雰囲気でドキドキしながらホテルで行為をする時に、私の男性器を見て彼女に思わず笑われてしまいました。私自身なんで彼女が笑ったのか分からずに戸惑っていると直接的にそれで勃ってるのと言われました。

私は完全にフル勃起していたので、正直に言うと小さいことを馬鹿にされました。男性器の平均的なサイズをあまり知らなかったのですが、完全な勃起をしている状態でサイズを定規で測られて6センチと言う事に失笑されてしまいました。女性経験がなかった私は小さいと言うことすら知らなかったのですが、相手の女性がその気が無くなってしまい、その日はセックスをすることができませんでした。

私自身の男性器のサイズのせいで童貞を卒業する事が出来なかった事に、自宅に帰ってからとても悔やみました。自分自身の努力が足りないのか、知識が足りないのか、自分を生んだ親を恨むのか、どこにもぶつけられる事が出来ない辛さを感じました。初めて付き合った女性に笑われたトラウマからさらに女性に奥手になってしまいセックスどころか恋愛にもネガティヴに考えてしまうようになりました。

男性器のサイズが小さいと自覚している男性は、女性に馬鹿にされる前にジェルキングというチントレで少しでもサイズアップしてからのほうが心に傷を負うことは少なくなると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です