アレもココロもデリケートな私の体験談

私はかなりの早打ちでした。よく皮オナをしていると早漏になると言われていますが、私もその類だと思っていました。

独身の頃は厚手のゴムを使ったり、早漏防止スプレーやクリームなど色々と対策をしてきましたがどれもほぼ効果が無く、女の子といい感じになっても「また早くてガッカリさせるかも」「笑われるかも」と思い、セックスしたくても我慢することがほとんどでした。そんなワケで何度か訪れたモテ期でも積極的に女性に手を出すことがなかったのです。(逆にそれが誠実な人だと思われることに繋がっていましたが…)
そんな私も結婚し、毎日のように子作りに励む日々を送るのですが、幸い経験が少ない嫁で相変わらず早いながらもそんなものだと思われていたようです。

そして結婚半年もする頃でしょうか。気付いたのです、嫁のペースに合わせて射精をコントロールできている自分に。
これは毎日の嫁とのゴム無しセックスでペニスが鍛えられたのだ、とうとう早漏を克服したんだ!と急に男としての自信を芽生えさせてしまった私は前々からの夢を叶えることにしました。
そう、風俗デビューです(笑)

そしてそのデビュー戦の日がやってきました。少し緊張しながらも昔の自分ではないという自信とワクワクで若くてかわいい嬢と対面。今まで我慢してきた分を取り戻そう、時間いっぱいまで楽しむんだとリングに向かい…
1ラウンド2分でKO
まさにみこすり半。しかもそのショックからかその日は2度と立ち上がることもなく終了しました。

どうやら私は心因性と肉体的の両方、しかも両方とも極度であるハイブリッド種早漏のようです。
さらにこの一件でEDにもなりかけたようで、おかげさまでますます誠実な男になれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です